病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
入院・面会のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
ジェイコー版病院総合医(ホスピタリスト)育成プログラム
診療実績・臨床指標
調達情報
情報公開
バリアフリー情報-2
リンク
病院広報誌
東京蒲田医療センタ-へのご寄付のお願い
個人情報保護方針

リハビリテーション科

当院リハビリテーション科は、運動器リハビリテーション科(Ⅰ)、脳血管疾患等リハビリテーション科(Ⅰ)、廃用症候群リハビリテーション科(Ⅰ)、がん患者リハビリテーション科の設備と人員配置を有しています。当科の役割は、地域の中核病院である当院において、患者さんの早期の疾病回復、在宅復帰、社会復帰、などに寄与する事にあります。リハビリテーション科への依頼は、院内各科はも とより、院外の病院、クリニックに及ぶため、スタッフには幅広く、かつ最新の知識を習得する事が求められます。そこで当科では、各自のスキルアップを重要 な課題と考えており、定期的な科内勉強会、職種別勉強会、症例検討会を積極的に実施しています。また外部への研修会にも各々が自主的に参加しております。
診療報酬改定に伴い、平均在院日数が制限されているおり、最近では特に超急性期を過ぎた患者様の、リハビリテーション目的転院の要望が増加しております。在宅復帰を希望される患者様やご家族とともに、目的指向型のアプローチを強化していく予定です。

診療内容・特色

<主要対象疾患>
脳梗塞、脳出血、頭部外傷などの脳血管障害
骨折、変性疾患の術後等の整形外科疾患
神経筋疾患、呼吸器疾患、心疾患、長期臥床による廃用症候群等、全診療科を対象としています。
※受診に際しては電話にて事前のお問い合わせをお願いいたします。

<特色>
(1) 入院リハビリテーション:部門ごとに評価を行い、目標・プログラムを設定します。訓練は必要に応じベッドサイドから開始し、訓練室、院内、屋外へと活動範囲を広げていきます。病棟カンファレンス、回診などで医師を始め他職種との情報交換を行い方針の統一を図ります。
(2) 外来リハビリテーション:入院治療が終了した後、継続してリハビリテーションが必要な方を中心に行っています。

担当医師紹介

名前 役職 資格
小名木 敦雄
(おなぎ あつお)
部長

外来診療担当医表はこちらをご覧下さい。

※受診に際しては電話にて事前のお問い合わせをお願いいたします。


部門

<スタッフの紹介>
療法士 人数 資格等
理学療法士 8名 専門理学療法士(生活環境支援、運動器) 糖尿病療養指導士
日本体育協会(現:日本スポーツ協会)公認アスレティックトレーナー
3学会合同呼吸療法認定士 福祉住環境コーディネーター(2級・3級)
認定理学療法士(スポーツ理学療法)
作業療法士 3名 AMPS 介護支援専門員
言語聴覚士 2名 日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士 介護支援専門員

<診療実績(2017年度)>
 処方数 1,949件
 疾患別リハビリテーション実施回数 延33,776回
         内 脳血管リハ…21.0%
           運動器リハ…35.5%
           廃用リハ …41.8%
           呼吸器リハ…0.1%
           がんリハ …1.6%
 総実施単位 56,207単位
 主な疾患名:脳梗塞、肺炎、心不全、胸椎・腰椎圧迫骨折、大腿骨頸部骨折、脊柱管狭窄症、頚椎症性脊椎症、クモ膜下出血、
 上腕骨骨折、認知症、心筋梗塞、脳出血、パーキンソン病、腎不全、糖尿病…

理学療法部門

作業療法部門

言語聴覚療法部門


主要医療機器

トレッドミルやエルゴサイザーといった有酸素運動機器、超音波・干渉波等の物理療法機器、その他評価・測定機器を取り揃えています。詳しくは理学療法部門内の設備ページをご覧下さい。
PageTop