病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
入院・面会のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指標
調達情報
情報公開
バリアフリー情報-2
リンク
病院広報誌
東京蒲田医療センタ-へのご寄付のお願い
個人情報保護方針

泌尿器科

腎臓、尿管、膀胱および尿道からなる尿路、前立腺や精巣などの男性生殖器、副腎など内分泌臓器を対称として、泌尿器科全般の診療を行っています。受診される患者さんの年齢は高齢者から幼小児まで幅広く、性別も男女も問いません。
蒲田地区では唯一の泌尿器科ですので、地域住民の方々やご開業の先生方のお役にたてるよう、その責任を果たしてまいりたいと考えています。このために、体 外衝撃波砕石装置、経尿道的砕石装置、前立腺超音波診断装置を最新の医療機器に更新いたしました。また、開腹手術や経尿道的手技による従来の泌尿器科手術 だけではなく、腹腔鏡下手術、顕微鏡下手術(男性不妊症)、更に女性泌尿器手術(TVM)などの新しい手術手技も積極的に導入し、良好な治療成績を得てい ます。

診療内容

代表的な疾患は、排尿障害、尿路結石、悪性腫瘍、尿路感染症、男性不妊症、男性更年期障害、男性機能障害、膀胱瘤や性器脱 などの女性泌尿器疾患です。手術は、経尿道的内視鏡手術、開腹手術、腹腔鏡下手術、顕微鏡下手術、体外衝撃波砕石術など標準的な泌尿器科手術のほとんどを 行っています。


診療内容・特色

排尿障害の治療は、問診に加え、排尿機能検査、超音波検査によって病態を評価したのちに、治療を行っています。内服治療の 方が多いですが、排尿状態が十分に改善しない場合には経尿道的前立腺切除術(TUR-P)などの手術治療を行っています。手術のときの入院期間は5~7日 です。手術によらない尿道ステント留置術も必要に応じて行っています。
尿路結石は、超音波検査やレントゲン検査により結石の位置・大きさ・腎臓への影響などを評価し、自然排石を待つか、体外衝撃波砕石術(ESWL)や経尿道 的尿管砕石術(TUL)などの積極的な治療を行うかを判断しています。ESWLとTULは原則として1泊2日で行っています。膀胱結石にはTULあるいは 開腹手術を行っています。
尿路悪性腫瘍や男性生殖器悪性腫瘍については、血液腫瘍マーカー、超音波検査、膀胱鏡検査、CT検査、MRI検査などで的確な病状診断を行うように努めて います。特に、増加傾向にある前立腺癌については、経直腸的針生検に加え、経会陰的生検も実施し、多角的多箇所生検を行うことで診断精度の向上をはかって います。疼痛を考慮し、原則として麻酔下に行っています。根治的前立腺摘除術は、術後合併症の発生に十分に留意しており、これまで術後尿失禁はほとんどあ りません。副腎腫瘍、腎腫瘍については、腹腔鏡手術を基本としています。腎盂・尿管腫瘍が疑われる場合には、微小な病変でも最新型の軟性尿管鏡により診断 することが可能となりました。腎盂尿管全摘除術も、できるだけ低侵襲の腹腔鏡下手術を行うようにしています。膀胱全摘除術にともなう尿路変更術は、回腸導 管造設術を行いますが、希望があれば新膀胱造設術も可能です。
男性不妊症における手術治療は、無精子症に対する顕微鏡下精巣内精子抽出術(MD-TESE)、顕微鏡下精索静脈瘤手術、腹腔鏡下精索静脈瘤手術などを行っています。入院期間は原則として1泊2日です。
性器脱などの女性泌尿器疾患は、最新のTVM(Tension-free vaginal mesh)手術手技を導入しています。産婦人科医師と協力して診療と手術にあたっています。
専門外来として、尿路結石外来、膀胱外来、男性不妊外来、男性機能外来、男性更年期外来、前立腺外来、女性泌尿器外来を設けています。また、通院困難となった癌患者さんや尿路管理を必要とされている患者さんには往診も行っています。
現在、蒲田地区で年4回(六郷、雑色、糀谷、羽田)にわたり地域医療講演を開催し、住民の方々に泌尿器科疾患について啓蒙活動を行っています。


担当医師紹介

名前 役職 専門 資格
木内 孝樹
(きうち たかき)
部長 泌尿器科全般 日本泌尿器科学会指導医・専門医
田中 裕貴
(たなか ひろき)
医師 泌尿器科全般
江幡 正悟
(えはた しょうご)
非常勤 排尿障害・前立腺癌 日本泌尿器科学会専門医

外来診療担当医表はこちらをご覧下さい。


主要医療機器

超音波診断装置、尿流動態検査装置、軟性膀胱鏡、経尿道的切除鏡、軟性尿管鏡、硬性尿管鏡、腎盂鏡、体外衝撃波結石破砕装置(ESWL)、経尿道的尿管砕石装置

PageTop